芯の処理→座金にセットする
1

溶かしたワックスに必要な長さに切った芯をつける。
5~6秒でOK

※ワックスの温度が低過ぎると芯に浸透しません。
2


1から取り出した芯をティッシュで挟み、しごいて、ピンと真っ直ぐにする。

※ワックスが固まるまでピンと真っ直ぐに引っ張っていると◎
3

2で作った芯を座金に通す。
底は飛び出させない。
(写真ではわかりやすいように飛び出させています)
4

ペンチで座金の立ち上がり部分をつぶし、芯をしっかりと固定させます。


型の底が頭になるように作るには

型底の中心に穴を空け、芯を通して2~3cm出し、セロテープでしっかりと穴をふさぎます。
ふさぎが甘いとワックスが漏れ出すので注意!
穴が空きにくい場合は、金串などの先端を熱してから空けます。
熱しすぎに注意。