<紙ふぶきキャンドル>

ちらちらっと表面に舞い散っているのは、

細かく削ったピンクと紫のクレヨン。

ちょっぴり和のテイストを感じませんか?

型の底が出来上がりの頭になるから、

つるりんとキレイな仕上がりのキャンドルです






下準備/確認事項 
◆ワックスの溶かし方、色づけ、芯処理、座金セットなどの基本的作業を確認しておく。
◆型の内側にサラダ油やシリコンを薄く塗っておくと型離れがよい。
◆タオル・ティッシュなどの基本的道具を用意しておく。
◆必ず顔料を使って下さい。染料はすぐに溶けてしまうので紙吹雪になりません!

1

「型底が頭にくる芯のセット方法」
の通りに型にセットする。
2

クレヨン(またはクレパス)を細かく削っておく。
3

1に2のクレヨンを適量、ぱらぱらっと散らす。

※入れすぎないよう注意。火をつけた際にこのクレヨンは溶けるので、入れすぎると火消えの原因になる。
4

3の型に、好きな色に色づけたパラフィン(約80℃)を、クレヨンがあちこちに泳いでいってしまわないよう、そっと流す。
5

芯の周りが凹むので、そこに更に(平らになるまでくり返し)パラフィンを注ぎ足す。
◆あとは、冷めて固まるのを待ち、型から抜くだけです。
◆出来上がったキャンドルの底の安定が悪い場合は、熱したアイロンで裏面を軽くならすか、あたためた鍋底でならします。