Q&A -enjoy candle-


▼火を消した時の煙と匂い、なんとかならない?
不燃性の細長い棒状のもの(ヘアピンなど)を使い、火のついた芯を溶けたロウの中に浸して火を消して下さい。
こうすると、煙も匂いもほとんど出ません。
再度使用するキャンドルの場合は、火が消えたらすぐに芯を起こしておきます。


▼キャンドル使用中に黒煙(スス)が出る。
▽芯が長過ぎる場合は、一度火を止め、少しずつ芯を切って火の大きさを調整して下さい。
▽芯が太過ぎる場合は、そのキャンドルは使用しないことをおすすめします。
▽エアコンの風、人が通った時に起きる風、カーテンが揺れて起きる風など、ささいな風力にもキャンドルの炎は反応します。また、カーテンなどに火が移る可能性があり危険です。出来る限り風の起きない場所へキャンドルをおいて下さい。
▽キャンドルにアロマオイルなどが大量に加えられている場合にもススが出やすくなります。その場合はそのキャンドルは使用しないことをおすすめします。


▼芯だけ燃えてしまった。
火を芯の先にあてたり、芯にロウがしっかり巻かれていないと、芯だけが燃えてなくなってしまいます。火をつける時は芯の根元に、ロウを溶かすような感じで火をつけます。すでに点火しているのに必要以上に火をあて続けるのもNGです。
芯だけが燃えてしまったキャンドルは、カッターなどで芯の周りのロウをえぐり、また芯を突き出させて点火します。


▼キャンドルホルダーにロウがついた。
▽分厚くぼってりと貼りついたロウは、しっかり冷めるまで待ってはがします
▽ピシャッと薄くついたロウは、キャンドルホルダー(=耐熱容器)なら湯せんにかけ、溶けたところをティッシュで拭き取れます。耐熱容器ではない場合は、上から分厚くロウを落としてはがします。
▽器いっぱいにロウがたまって固まっている場合は、冷凍庫に数分間入れてみましょう。ロウが凝縮するので抜けやすくなります。


▼服や絨毯にロウがついた。
ぼろ布や雑巾で生地をはさみ、アイロンを当てます。ぼろ布が溶け出したロウを吸ってくれます。ただし、完全に除去することは難しいかもしれません。