仕組みと効率的な返済方法を知ってリボ払いを上手に使おう

クレジットカードの返済方法としてリボ払いを選択する人が増えています。
しかし、リボ払いの具体的な仕組みを理解せずに使っている人が少なくありません。

 

リボ払いとは、毎月の返済額を固定する仕組みです。
支払残高によって毎月の返済額が決定される「残価スライド方式」と、
支払残高にかかわらず毎月の返済額が一定の「定額方式」の2種類があります。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠も、リボ払いで返済可能です。

 

この固定された返済額には、元本と金利が含まれます。
ローンなどの分割払いは、支払回数を決めて1回あたりの返済額を決めますが、
リボ払いでは月々の返済額が先に決定されるという違いがあります。

 

分割払いでは返済額が高額で返済が難しい商品でも、
リボ払いなら購入することが可能です。
なぜなら、月々の返済額を手頃な額に設定さえすればよいからです。

 

しかし、リボ払いは返済が長期になるほど余分な利息が発生します。
そのためリボ払いは、元本に比べて総支払額が過大になる場合があります。

 

 

リボ払いをうまく利用するには、
現在の返済額でいくらずつ元本が減るのかを把握することが大切です。

 

1回あたりの返済額が少額だと、支払いの多くが利息に充当されるため、
元本があまり減りません。

 

元本が減らないと返済は長期化し、支払い利息は増加します。
余分なお金を利息に使いたくないのなら、早く返済を終わらせることが大切です。

 

そのためには、決まった返済額以上のお金を返済して、
元本を積極的に減らさなければなりません。

 

クレジットカード会社の多くは、毎月の返済額の変更ができます。
毎月の返済額を増やすことで、元本をスムーズに減らせます。

 

1回の返済額を増やすのが難しいのであれば、
繰上返済で元本を少しずつ減らすことが大切です。

 

繰上返済とは、通常の返済額とは別に返済することです。
また、まとまったお金が手元にあるのなら、元本の一括返済が最も効率的といえます。

 

 

返済額を増やすこと以外にも、リボ払いを早く完済するコツがあります。
まず、返済中にクレジットカードを利用するのはやめましょう。

 

リボ払いは返済額が一定なので、借入残高が増えることに無頓着になりやすいからです。
借入残高が増えるほどに、支払利息は増え元本の減りは遅くなり、
完済までの期限が長くかかってしまいます。

 

また、月々の返済日は必ず守らなければなりません。
遅延損害金の発生や支払いの遅れは、返済の長期化を招くだけでなく、
信用情報に傷がつく場合があるからです。
ブラック融資

ページの先頭へ戻る