一人暮らしで借りたいときに重宝する消費者金融のキャッシング

家族と生活していれば、お金が足りないときは借りるという選択もありですが、
一人暮らしをしているとそうはいきません。

 

生活費が足りないときは友人から借りるという人がいますが、
友人との貸し借りは人間関係にヒビを入れる原因になりかねないので、
消費者金融から借りるのが得策です。

 

生活費専用のローンは存在しないため、
生活費の調達が目的ならば多目的に利用できるローンを選択する必要があり、
対応しているのはフリータイプのローンになります。

 

フリーローンとも呼ばれており、
キャッシングやカードローンなども含まれます。

 

 

用途不問と記載されているローンに関しては、生活資金全般に使用できますから、
例えば食費や光熱費・娯楽費などに使用して問題ありません。

 

借入先は銀行や信金などもありますが、
融資までのスピードを重視するならノンバンク系が適しています。

 

銀行と比較すれば金利はやや高くなる反面、
審査の通過率が高いうえに即日対応してもらえることが多いです。

 

緊急を要する状況では金利より融資スピードが重要になるため、
大手の消費者金融や銀行系消費者金融の利用を検討してください。

 

 

生活費を借りたいときは無理なく返せる金額設定をすることが重要です。

 

例えば消費者金融側が30万円まで融資が可能だと提案してきても、
10万円借りれば乗り切れる状況ならば10万円に抑えておくのが得策です。
借りたお金には利息がつくので、借入れする金額を抑える工夫をしてください。

 

もし家計にムダな出費が生じているなら、
その部分を削っていけば借入れする金額を少なくできます。

 

希望額が減れば審査で有利に働きますし、
返済するときの苦労も軽減するでしょう。

 

 

生活費を上手に借りるためのコツは、
返済を長期化させずに給料日の一括返済を心がけることです。

 

借金が増えてしまう理由はシンプルで、
返済する金額よりも借入れする金額のほうが勝ってしまうからです。

 

毎月給料が足りなくて1万円、また1万円と借りることが習慣化してくると債務を増やしてしまうため、
借りたお金はできるだけ一括返済しましょう。

 

無理のない返済プランを事前に組み立ててから審査の申し込みをすれば、
審査の通過率を上げられるメリットも期待できます。

ページの先頭へ戻る